【カメラマンインタビュー】第8回 Studio deco 中村さん

今回は、studio decoを運営されている中村さんにお話を伺いました。
ポストカードのような写真・いつもリビングに飾って眺めて頂けるような写真を目指しているという中村さん。カメラマンとして独立をされたエピソードや撮影時に心がけていらっしゃることなどを聞いてみました!


–それでは簡単に中村さんの自己紹介をお願いします。写真家として活動する前のキャリアや、写真をお仕事として始めたきっかけなどをお聞かせいただければと思います。

もともとは大学卒業後、システム会社で働いていました。旅行会社の子会社で、旅行の宿泊の管理システムや保険の登録のシステムの保守などを行っていました。
ところが二人目の子を出産した後、時間が足りなくなってきてしまい夜間に作業が及んでしまった時などは子どもと接する時間が短くなってしまうので、すぐに大きくなる貴重な時間を大切にしようと思い、退職しました。

–バックグラウンドはエンジニアさんなのですね。

はい。元々写真が好きだったこともあり、趣味で一眼レフを使って自分の子どもの写真を撮ってSNSへの掲載をしていたところ、周りから「素敵だね」と褒めてもらうこともあり、子ども写真コンテストで入賞したりして、写真は楽しいと思うようになってきました。

ちょうどその時に公園で出張カメラマンをやっているママカメラマンさんが研修生を募集していて、応募して研修を受けました。

–研修は具体的にはどのようなメニューなのですか?

公園撮影会でその方が撮影しているのを見て学んだり、実際に私が撮りながらアドバイスや指導をしてもらったりという実地研修を1年間みっちりやりました。

–とても実践的な研修ですね。その後に独立されたのですか?

はい、それから1年くらい後に、公園撮影会で撮影する自信もついてきて、ある撮影会を任せられたのですが、それをきっかけにstudio decoとして独立しました。

studio decoの名称の由来は…

–個人的に気になっていたことなのですが、中村さんのフォトサービス名である「studio deco」の由来を教えていただけますか?

studio deco の由来ですが、自分の名前のニックネームがdecoと言いまして studioには芸術家や写真家の仕事場や工房・アトリエの意味があります。
リビングに飾って頂けるような美しい写真を作り出したいという思いを込めて decoの工房という意味で名付けました。

–ニックネームだったのですね、とてもユニークで忘れない名前だと思います!リビングに飾っておきたい写真というのは、中村さんのこだわりを表すキーワードとなると思いますので後ほど詳しくお聞かせください。
ちなみにセレベビーにご登録いただいたのもその頃ですか?

はい、独立した直後です。
カメラマンサイトに登録していることで多くの方に知ってもらえることや、公園撮影は天候条件や夏季シーズンなど撮影を行なうのが難しいことがありますので、スタジオ撮影もやってみたいと思って一度スタジオをレンタルさせてもらい、その後に登録しました。

また、セレベビーのビジョンである「カジュアルに写真を残す」ことにも共感しました。

–共感いただき、ありがとうございます。プロフィールを拝見させていただきますと、現在はstudio decoさんとして家族写真・七五三・お宮参り・子ども写真の出張撮影・宣材写真等で活動中とのことですが、特に自信のある撮影シーンなどはありますか?

好きな撮影シーンはやはりルーツでもある公園での家族写真です。よく利用する公園は光が丘公園、新宿御苑、代々木公園などですね。


Photo by studio deco 

–公園で撮る写真の良さって何でしょう?

子どもが普通に遊んでいるシーンは表情や仕草に自然さが出やすいので、特にその点が好きです。実は私自身があまり写真を撮ってもらうのが得意ではないので(笑)。

事前にカメラを見なくてもいいですよと伝えて、自然な表情を見つけてシャッターを切るように心がけています。

撮影時はお子さんを尊重して、あくまでその子のペースで

–なるほど、撮影時には最も大事にしていることって何ですか?

「お客さまにリラックスしてほしい」ということです。

リラックスしてもらうことでやはりいい写真が撮れますし、そのためにお子さんとはお子さんの目線でしゃがんでお話をしたり、お父さんお母さんとは撮影前に雑談などコミュニケーションをしっかり取ることを大切にしています。

お子さんはやはり目線を下げて子どもの気持ちになると尊重してもらえると感じます。

–アイスブレイクを大切にされているのですね。確かにお子さんの目線になるのは大切ですよね。お子さんは敏感ですから、文字通り上から話すことで警戒されますし。

やはりお子さんで写真が好きな子というのは少ないですので。今日は遊んでいるところ撮るよと伝えたり、ご両親には嫌がっている感じがあったら抱っこしてもらっていいですよなど、出来る限りお子さま気分に合わせて撮るようにしています。
お子さんの気分とご両親の気分はリンクしていて、お子さんを気持ちよく撮ってあげないとご両親の表情もやはり曇りがちになってしまいます。

なので事前にメールなどでご連絡して、お子さまがクズってもお子さまのペースに合わせているので、リラックスして見守ってくださいと伝えています。


Photo by studio deco 

色彩を意識した透明感のある写真をポストカードのように飾ってほしい

–とても安心感のある心遣いですね。プロフィールでも記載されている「透明感のある写真」ですが、透明感を出すための工夫などがあれば教えてください。

光が綺麗な場所を見つけてあげることに力を入れています。特にロケハンには時間をかけていて、撮影1時間前には到着してその日の日差しをシミュレーションしたり、肌写りがいい場所を選んでいます。たとえ慣れている場所でも季節や時間帯、その日の天候によって光のさし方などは繊細でやはり実際に見てみないと分からないので。

また、白や緑といった場所を探して色々な種類の写真を撮れるように準備しています。葉っぱの種類や季節によっても色が異なるので、やはりその辺りも入念に観察するようにしています。

お客さまには撮影の前に、出来るだけ明るい色合いの洋服を勧めています。そして、緑や木漏れ日が綺麗なところでシャッターを切って、写真が出来上がったときに「絵になる写真」、「ポストカードのような写真」になるように心がけています。


Photo by studio deco 

–色彩については私は疎いのですが、中村さんは写真を学ぶときにそういった学習もされていたのですか?

専門的な学習というのはしていませんが、一応中高美術部で絵画を学んでいて、美大を目指していたこともあります(笑)。

–なるほど、中村さんの絶妙な色彩感覚にはそのようなルーツがおありなのですね。他に撮影に関する中村さんのこだわりは何でしょう?

「ポストカードのような、リビングや壁に飾っていたくなるような写真を提供したい」という想いで撮影をしています。自分がママなので、こんな写真が残ったらなあと思いながら、作品をイメージしています。

特に好きなのは妖精っぽい写真です(笑)。


Photo by studio deco 

–ご自身のHPでも「ポストカードのような」ということは仰っていますね。確かに大きなフォトフレームに大きく飾る一枚もいいですが、まさにポストカードのような写真ってインテリアとしてもおしゃれですし、その方のお宅にお邪魔した時にとても好感ですね。


Photo by studio deco 

–中村さんが現在の撮影スタイルを確立するに至った、特に印象深かった思い出やエピソードがあれば教えてください。

ご家族で公園で撮影したお客様の話なのですが、お子さんは男の子と女の子の兄妹で、ご両親からは「自然な感じで撮ってほしい」とのご要望をいただきました。

男の子が自由に木に登ったり遊んだりしているのですが、これは後で聞いた話なのですが、その子はもともと非常にコミュニケーションの苦手な子だったそうなのです。
写真を納品したら、ご両親から「この子がこんなに自然に公園で遊んでいる姿が撮れてよかったです」と言ってもらえたのはとても嬉しかったですし、公園の解放感がその子の心を開いてくれた印象深い思い出です。

その子が本来の自然な姿を見せてくれたことで、スタジオなどでビシッというスタイルだけでなく、公園で自然に遊んでいるスタイルも非常に大事だと思いました。

–最後に中村さんのこれからの抱負などがあれば教えてください。

さらに写真について貪欲に勉強して、ルーツの家族写真を中心にもっと素敵な写真を撮っていきたいと思っています。

子どものその時その時の可愛さというのはあっという間に通り過ぎてしまうので、その一瞬を大切に撮っていきたいです。

studio deco 

パパママの気持ちに立っての撮影を心がけています。
性格はのんびりおっとりしています。
今しかないお子様の可愛い時期・家族の温かさを写したいです。

<略歴>
大学卒業後にロンドンに留学し帰国後にシステム会社に勤務。
結婚後にカメラに夢中になり写真家に師事。アシスタント・研修を経て、現在はstudio decoとして家族写真・七五三・お宮参り・子供写真の出張撮影・宣材写真等で活動中。

子供と女性を可愛く撮影します。
ポストカードのような写真・透明感のある写真を目指しています。

Works

2015年  FuFママのきもち写真展
FuFぬくもり写真展
SAITAMA Smile womenフェスタ カメラマン
Gallery & Cafe ino HPパンフ カメラマン

2016年 おやこ未来フェスタ川口 カメラマン
ことりっぷWEB
ことりっぷMagazine Vol.9
クレディセゾン hintos 掲載
育児情報誌miku冬号

2017年 育児情報誌miku春号
練馬ママフェスhugneri

他、ファミリー撮影会多数

officail web

https://studio-deco.amebaownd.com/

Facebook

https://m.facebook.com/studiodecophoto

Blog

http://ameblo.jp/studio-deco/

プロカメラマンのカジュアルフォト
大切な記憶をストーリーに

セレベビーは、事前打ち合わせ、撮影予約、データ納品までを一貫して行える、子供や家族写真専門の撮影マッチングサービスです。
あなたもセレベビーでカメラマンとして活躍してみませんか?

無料でカメラマン登録する


同一カテゴリの投稿を見る

0100_original-21 【カメラマンインタビュー】第1回・松永佳子さん
5D2_0308-200x200 【カメラマンインタビュー】第3回・STUDIO NOUVEAU西中さん
717A7096-2-200x200 【カメラマンインタビュー】第5回・陽向 smiley photoさん☆
IMG_8352 【カメラマンインタビュー】第2回・緑川美友季さん
kosaka_pfr-200x2002 【カメラマンインタビュー】第4回・Family History Photo小坂さん

コメントはお気軽にどうぞ