絶対みてほしい10選!!ニューボーンフォトで人気のポーズやアイデア集♡

最近話題が沸騰中のニューボーンフォト 。
生まれたばかりの赤ちゃんの姿のアートで神秘的な写真が印象的です。
ニューボーンフォトは子供写真の中でも最も撮れる期間が限られています。
また生後間もない赤ちゃんでなくではできないポーズでの写真を残すことができます。
出産したばかりのママさんも、まだ妊娠中のママさんもどんなニューボーンフォトを撮ろうかな?と悩んでいるのではないでしょうか?
この記事ではニューボーンフォトについて、おすすめの赤ちゃんのポーズやアイデアをご紹介します!!

ニューボーンフォトとは?

ニューボーンフォトとは生まれたばかりの赤ちゃんでしか撮れない記念写真のことです。
新生児の可愛らしくアートで神秘的な雰囲気の写真が印象ニューボーンフォト 。
一生懸命産んだお母さんへのプレゼントとしてもぜひ記念に残していただきたいです。

川中 恵美 – Photoplace 空-Air-
ニューボーンフォト は一般的に生後2、3週間までの赤ちゃんでしか撮ることができません。
この理由としては、生後 4週間目になると骨が硬く固定されてきてしまうため、ニューボーンフォト 特有のポージングができなくなるためです。
お子さんの記念写真としては撮るこができる時期が最も限られてしまうので、撮りたい方は赤ちゃんが生まれる前の1ヶ月頃からきちんと予約することをおすすめします!

人気のポーズやアイデア10選!

さっそくニューボーンフォト で人気のポーズや構成について●つのアイデアを紹介します!
やはり生まれたばかりで体の柔らかい赤ちゃんでしかできないポーズが人気ですね☆

  • ミノムシのポーズ

ニューボーンフォトでのポーズで最も人気なのはミノムシのポーズです。
お母さんのお腹の中にいるような丸まった姿の赤ちゃんをミノムシのようにくるくると布で包む独特のポーズです。
体の柔らかいこの時期の赤ちゃんでしができないということでやはり人気が高いです。


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

生後3週間を超えて体が固くなってたり、赤ちゃんによっては手足まで包むのが難かしい場合もあります。
そのようなとき半分だけ包み込むようにしても可愛いですね。


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

  • うつ伏せで

すやすやとうつ伏せで眠っている赤ちゃんの写真を撮りたい方も多いです。
新生児はまだ自然には寝返りができなかったりするので、専門のカメラマンさんによるニューボーンフォトをならではだといえるでしょう。
生まれたばかりの赤ちゃんをうつ伏せにさせるときは十分に注意させる必要があります。
撮りたい場合は研修を受けた専門のカメラマンさんの指示に従って撮りましょう。


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

頬杖をついて

生まれたばかりの赤ちゃんが頬杖をついているニューボーンフォト 。
実際にこの頃の赤ちゃんが頬杖をつくことはできません。
ですのでこれもプロのカメラマンさんによるニューボーンフォトならではの写真です。


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

  • 小さな手足

生まれたばかりの赤ちゃんの小さく可愛らしい手足に注目したニューボーンフォトも人気です。

ママとパパの手も写して赤ちゃんの手と比べるのも可愛いですね。


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

赤ちゃんの足にリングをかけてあげるようなアートな写真もいいですね♡


松永佳子 – クロエフォトグラフィカ!

  • お母さんに抱きかかえられて

赤ちゃんをお母さんが抱きかかえている場面をシャッターに収めましょう。
生まれたばかりの赤ちゃんの体やお顔の小ささ、儚さを現すことができますね。
出産を頑張ったママへのご褒美にも赤ちゃんとママの何気ない自然な2ショットを残してほしいです。


Hyuga – 陽向 smiley photo

  • 布をつかって

ミノムシのポーズのように布を赤ちゃんの体にくるくると包むのではなく、あえて布もアートの一部にしてしまうニューボーンフォト です。
またこれは撮影中に布をまこうとするとどうしても起きてしまう子にもいいかもしれません。

神秘的でアートな雰囲気を出すことができますよね。


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

ぬいぐるみを抱きかかえたポーズの赤ちゃん。
同系色の布を用いると可愛いですね。

  • 赤ちゃんを籠の中に入れて

赤ちゃんをすっぽり籠の中に入れたニューボーンフォト 。
赤ちゃんの小ささが際立って可愛らしい♡
またこれなら体が固くなってしまるまることができない赤ちゃんでも安心してできるポーズです。

籠の中にすっぽり入っている赤ちゃんの姿も可愛いですが、籠から足などがはみ出してしまっているところを収めるのも愛らしいですね。


Hyuga – 陽向 smiley photo

  • カメラマンさんが合成してくれる立ち姿での写真!

神秘的でアートなニューボーンフォト 。
生まれたばかりの赤ちゃんのできるポーズは限られてるので、「生まれたばかりの赤ちゃんのこんな写真も撮ることができるの?」というような写真もありますよね。
実はこれらはニューボーンフォト専門のカメラマンさんが合成してくれているのです。

例えば寝ている赤ちゃんでは普通撮ることができない立ち姿での写真です。

座っているミノムシ赤ちゃんの写真。
ミノムシのポーズの赤ちゃんが寝っ転がっているのではなくちょこんと座っているようにみえますね。
これも実は寝転がっている赤ちゃんを座っているように合成したものです。


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

実際に赤ちゃんが頬杖をついているようにみえる写真。
なんだか不思議で可愛いですね♡


川中 恵美 – Photoplace 空-Air-

  • モノクロな写真

あえてモノクロに加工してもらうのもおすすめです。
より神秘的でおしゃれな記念写真になりそうですね。
オリジナリティを出したい方やシンプルな方が好きな方に人気です。


Hyuga – 陽向 smiley photo

  • こだわらず自由な服装やポーズで

ニューボーンフォトということにこだわらずに生まれたばかりの赤ちゃんでしかできないポーズをあえてしないという選択肢もあります。
赤ちゃんがすやすや寝ている姿や目を開けて活動している自然体な姿をプロのカメラマンさんにとってもらいたいというママさんにオススメです。

赤ちゃんに着せたい好きな服装での自然体な姿を撮ってもらいましょう。
少し微笑んでみえる瞬間を収めていますね。
両手もあえて固定せずに自然な格好の写真です♬


松永佳子 – クロエフォトグラフィカ!

また赤ちゃんがどうしても寝てくれない場合は目を開けている写真を撮るのもいいでしょう。
つぶらな瞳が可愛らしいですね。
エコー写真などと一緒に撮るのもオリジナリティーが出て他とは少し異なるニューボーンフォトとなるでしょう。


松永佳子 – クロエフォトグラフィカ!

ニューボーンフォト を撮る際は…

赤ちゃんによっては骨が固定されて体が固くなってしまったり上手く寝付いてくれなかったりして撮りたいポーズができないときもあるかもしれません。
そういう場合はきちんとカメラマンさんに相談しましょう。
少し変わるとしてもママの希望通りの写真に近づけてくれるでしょう。
ニューボーンフォトを撮りたい場合は生後〜2週間などなるべく早い時期に撮ることをオススメします。

ニューボーンフォトの対象は生後わずが2、3週間の赤ちゃんです。
お母さんは出産したばかりでバタバタ忙しいはず。
ニューボーンフォト の撮影は赤ちゃんとママ2人の体調が一番重要です。
体調がすぐれない時は無理はしないようにしてくださいね。

またニューボーンフォトは出産を頑張った奥さんと赤ちゃんへのご褒美です。
撮影時はぜひ理解のある旦那さんが同席して支えてあげてくださいね。

 

ここで注意してほしいことがあります!
ニューボーンフォトをセルフで撮るのはとっても危険(詳しくはコチラ)ですので、撮影は極力プロカメラマンさんにお願いしましょう。

ニューボーンフォト撮影を数多く経験しているカメラマンなら、お子様の安全を守るだけでなくより印象的な写真に仕上げるスキルも持ち合わせています。一生に一度ですから妥協はせず安心して撮影を楽しめるよう環境を整えましょう。

ニューボーンフォト専門カメラマンの予約はこちら

おわりに

ニューボーンフォトのアイデアや赤ちゃんのポーズはいかがでしたか?
どんな写真を撮ってもらおうか悩みますよね?
ニューボーンフォトは撮ることができる期間が非常に限られているので、出産後はすぐに撮影できるといいですよね。
出産前に赤ちゃんの誕生を待ちわびながらご家族でよく悩んでおくことをおすすめします♡
ぜひ素敵なニューボーンフォトを記念に撮ってくださいね。

 

アイキャッチ画像:川中 恵美 – Photoplace 空-Air-