胎児のポーズを残しませんか?

Thumb 1024 dsc 4668

先日、生後間もないとても柔軟な赤ちゃんの撮影に伺いました。


 


事前にママの好みのお色や、お花等を伺いながら


準備を進めていくため、当日は巻き布と背景布をお選びいただけでなっています。


 


事前に全て決めてもいいのですが、


赤ちゃんの肌の色によって、合う色・合わない色がある為、


その辺りは当日決めて貰いたいな…と思っています。


バケツでのみのむしポーズ


 


みのむしポーズから始めて行くのですが、


生後早ければ早い程、足の位置が高いです。


これは、どんな赤ちゃんでも共通して言えます。


 


小さく丸くなった姿は、正にママのお腹の中に居た時のポーズ。


 



 


この足の位置も、生後1週間を過ぎると少しずつ下がってくるため、


2週間の時には、大体おへその少し上あたりに来ている事が多いです。


※お子様の成長によって違いますので、柔らかい子は生後3週間でも上の方まで来る場合もあります


 


エコー写真と一緒に撮影する事もできますので、


同じようなポーズや手の位置など、照らし合わせてみるのも素敵ですよ。


 



 


当方の欲張りコースでは、


赤ちゃんのみ2パターンに加え、


家族写真や兄弟写真、赤ちゃんに手を添える等のサイズ感の分かる撮影もできます!


 


家族写真の時間は、赤ちゃんは起きていても大丈夫なので、


皆でワイワイ楽しむ事ができますので、


ご誕生のお祝いに、家族写真も一緒にいかがですか?


 


撮影スケジュールが空いていない場合でも、


調整できる場合もあります。


 


特に土日は、基本的には開放しておりませんので、


予めメッセージよりご相談下さいませ。


 


ママのトツキトオカの思い出・ご褒美、


その時にしか残せない柔軟さが分かる短い新生児期の記録、


ご家族の大切な思い出の1ページに是非ご検討下さい。